とんぼ池公園

2024.07.02

見ごろの植物【7月上旬~】

植物情報

ダリア


科名:キク科
場所:花木園入口付近
ダリアが見ごろを迎えています。花の女王と呼ばれ、バリエーションも豊富な上、多種多様な花姿が魅力的です。花びらが無数にあるものや、大きな姿の物、奇抜な色や、淡い色など、驚きがある【ダリアの広場】です。

【ダリアの広場】看板登場

アジサイ


科名:アジサイ科
場所:あじさい園
あじさい園では見ごろが続いています。咲き誇る花々をぜひご覧ください。

【アナベル】
正式名称はアメリカノリノキ、花房が驚きの大きさです。

【セイヨウアジサイ】
様々な色があり、あじさい園を彩っています。

アガパンサス


科名:ヒガンバナ科
場所:バラ園、あじさい園、花木園、園内各所
花が咲く前は、ねぎ坊主のような姿ですが、このねぎ坊主のような部分の皮が破けて花を見せます。草木のなかで開いた、大きな大きな花火のようです。梅雨時期でも元気いっぱいです。

ギボウシ


科名:キジカクシ科
場所:あじさい園
ギボウシは世界の温帯地域で栽培されている多年草(宿根草)です。
古来より観賞用に植えられ多くの品種がつくりだされました。
すっくと伸びた茎に薄紫の花、美しく大きな葉は、なんとも涼し気です。

ネジバナ


科名:ラン科
場所:子どもの国、園内各所
株の中心から高さ15~40cmの花茎をまっすぐに伸ばして、らせん形に花をつけます。
気を付けて見ていると、皆さんが歩く公園の小道に可愛らしく咲いています。ハートに見えるネジバナを発見!写真に撮ってみました。

ムクゲ


科名:アオイ科
場所:花木園
中国などの東アジアを原産とする落葉樹。世界中の温帯で広く育てられ、日本では江戸時代から多くの品種が作られています。
花弁は五弁の一重、八重、半八重咲きがあり、色も様々です。
今からが見ごろです。

ハス


科名:ハス科
場所:藤棚池
梅雨の時期にすっと花茎を出し夏の日差しの中で、とても綺麗で大きな一輪の花を咲かせる姿は、他の花々とは明らかに異質で、神秘を感じる姿です。
雨上がり大きな葉に溜る水滴が風に揺れる風景も素敵です。

入口花壇


場所:管理事務所周りの園路
様々な夏の花に植え替えされた管理事務所入り口付近の花壇は、雨が降る度にどんどん花が増え、可愛い写真スポットとなっています。
よく見てみると、カタツムリや、いろんな虫たちにも出会えますよ。

【セイヨウノコギリソウ】
【トレニア】

見ごろの植物マップ(PDF)はこちらからダウンロードできます


FOLLOW US